HEND体質改善できる簡単な方法

冷え性やむくみ、低体温症を解消して代謝の良い体づくり始めませんか? - 体温が低い人はダイエットに不利

更新情報

最近のコメント

    アーカイブ

    体温が低い人はダイエットに不利

    低体温の人はダイエットが成功しにくいと言われています。
    低体温の人は、どうしても基礎代謝が悪くなってしまうので、脂肪が燃焼しにくいのです。
    つまり、低体温の人は体質的にダイエットに不向きなのです。
    これはどうしようもないことなので、体温を上げる努力をするしかありません。
    ちなみに、体温が1度下がると、基礎代謝量が12パーセントも低下すると言われています。
    これはかなり大きな違いなので、低体温の人はそれだけ不利だということになります。

    体温でカロリー消費が変わる

    単純に考えると、平熱が36.5度の人と35.5度の人では
    1日で200〜500キロカロリーも消費量が違うのです。
    2人が同じ食事をとっていても、
    体温が高い人がずっと痩せやすいということがわかるでしょう。
    逆に言えば、体温が低い人はそれだけ普段から太りやすいということですからね。
    これが1日ではなく、1ヶ月、1年で考えるとかなり大きな差になってきます。
    考えるだけで恐ろしい。
    基礎代謝量を上げるために筋肉をつけることはもちろん、
    それ以外のところでも変わってくるんですよね。
    体温を上げる方法は調べればたくさんでてきます。
    できることから実践して、打英っとに取り入れましょうね。
    本当に大きな差になってきますから。

    ダイエットに半身浴が良い理由

    ダイエットを実践している方や、
    美意識の高いタレントさんなどが、
    半身浴をよくおすすめしていますよね。
    ダイエットに半身浴がきくとはよく言われるわけですが
    、その半身浴のポイントはなんでしょうか。
    それは実に簡単で、湯船につかる際には胸から上を出して、
    20分以上つかるというだけのことです。
    半身浴とはその名の通りで、とくに変わったことはしませんからね。
    上半身を出してつかるだけなのですが、
    お湯の量を調整したり、お風呂用のいすを利用したりします。
    38〜40度ぐらいの、ぬるいお湯が効果的です。
    初めはこんなことで体があたたまるのかなと思うものですが、
    これでも、つかっていると徐々に体が温まってきます。
    防水用のカバーをして、本などを読みながらつかることで、
    リラックスもできるし、ひまつぶしにもなっていいでしょうね。
    この半身浴は、ダイエットにも効果がありますが、脂肪が燃焼されているわけではありません。
    脂肪の燃焼が目的ではなく、しっかりと汗をかいて、代謝をよくすることが目的です。
    そしてリラックスすることで、日頃の疲れも吹き飛ばそうということですね。
    半身浴を習慣化することで、だんだんとダイエット効果も実感できるようになるでしょう。